歩き方が悪いと膝痛を悪化させたり、発症させる原因になります。 膝痛に悩まされている人は歩き方に問題があるかもしれないので、見直した方がいいかもしれません。 実際に、歩き方を改善したことで膝痛が軽減されたという人は大勢います。 膝への負担が小さい歩き方をするためには、以下のようなことに注意してください。 ・背筋を伸ばす ・かかとから着地する ・地面を蹴り上げるように歩く ・靴に注意する まず、背筋を伸ばしながら歩くようにしましょう。 姿勢が悪いまま歩くと、膝への負担が大きくなり、膝痛を悪化させる危険があります。 歩く時は姿勢に注意して、背筋を伸ばすようにしてください。 また、かかとから着地をして、地面を蹴り上げる感覚で歩きましょう。 厚底靴やヒールが高い靴は足が不安定になってしまうため、膝への負担が大きいです。 膝痛を引き起こす原因になるので、そういった靴はできる限り履かないようにしてください。 こういったことを意識して歩くだけでも膝への負担が小さくなって、痛みが軽減されるはずです。